· 

11/19(月)リボー&リュウ・イ

深まる秋 悠久の時を越えた音色があなたの心を 暖めます 
世界が認めた音色
馬頭琴奏者リボーと中国笛リュウ・イによる中国民族音楽の演奏。

11/19(月)リボー&リュウ・イ
  • 未就学児はミュージックチャージ不要(1オーダー要)
  • 乳児はミュージックチャージ・1オーダーともに不要
  • 公演時間は約1時間です。

出演者プロフィール

安田祥子(ヴァイオリン)

リボー 馬頭琴

中国内モンゴル自治区出身。国家一級演奏家。10歳より馬頭琴を始め、15歳でプロとなる。数多くの受賞暦があり、内モンゴル師範大学卒業。中国内モンゴルラジオテレビ局芸術団主席奏者を経て、「馬頭琴を世界に広げたい」夢を持って1995年に活動拠点を日本に移す。
年間5~60回のコンサート活動をしながら、国内はもとより、アメリカ・シンガポールと海外へも活動を広げる。類まれなる芸術性と技術性を合わせ持った表現で、民族音楽はもとより、現代の音楽界に新たなる可能性を発信し続けており、作曲家としても馬頭琴の作品を多く創作する後継者の礎的存在でもある。
リボーは、馬頭琴の将来を考え、世界中の楽曲に取り組み、その芸術的、技術的な表現力にチャレンジし続けている。
2005年 愛・地球博ファイナルコンサートソリスト。
2006年夏中国、内モンゴルテレビは、「スーホの白い馬の物語の続編を作る人」の番組を制作。
2007年9月より2009年7月までの二年間アメリカの名門ワシントン大学の音楽院民族音楽学科(Division of Ethnomusicology)で、馬頭琴客員教授を勤める。
1010年1月シアトル交響楽団と『スーホの白い馬』演奏。
2011年1月サンフランシスコシンフォニーと演奏。2月ハワイ大学で公演と演奏。
2014年アメリカのグリーンカード取得、アメリカでのエンターテインメント活動始まる
2015年2月カナダ バンクーバーにてリサイタル。バンクーバーオーケストラとのコンサート
2016年10月シアトルワシントン大学で講義とパフォーマンス。
2015年~7月北京国家大劇場を皮切りに年4.5回程度中国国内主要都市30か所を回るツアー中。

北京語言大学客員教授 内モンゴル芸術学院客員教授 内モンゴル民族芸術学院客員教授
中国、アメリカ、日本とワールドワイドに活動する内モンゴル在住。
今後はアメリカ、日本、中国ベースで、活動を行う。


坂本実奈美 (フルート)

リュウ・イ 中国笛

リュウイ モンゴル民謡歌手(オルテンド、ホーミー)中国笛奏者
スーホーの白い馬モンゴル楽団、JCM民族楽団 代表 

内モンゴル出身。国立瀋陽音楽大学卒業、大学在学中多数のコンクールで入賞。2009年来日、兵庫教育大学大学院音楽修士課程を修了。 青年アーティストとして活躍し、2012年JCM民族楽団とスーホーの白い馬モンゴル楽団を創立。同年イベント企画会社リュウリュウプランニングを立ち上げ、京都、大阪、神戸、奈良で音楽教室を主宰している。


そのユニークな音楽活動はNHK、神戸新聞、奈良新聞、ラジオなど、日本、中国、モンゴルをはじめとする国際的なマスメディアに取り上げられ、報道された。


現在、日中蒙の音楽の国際的交流、中国の楽器で様々ジャンルの音楽を挑戦しながら、新しい方向性を探るため、実践と教育に力を注いでいる。CDアルバム2枚リリース。


ご予約はこちらから

11/19(月)リボー&リュウ・イ
姓名 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
ご連絡先電話番号 必須
人数 必須
備考
どこでこのコンサートを知りましたか?